ボサノバ・ライブ ~ブラジル旅行記(6)~

こんにちは、ひげのおじさんです。実は、おじさん、学生の頃に、結構、ボサノバを聞いていました。今回のブラジル旅行も、それが大きな動機になっています。と言う訳で、今夜のナイト・アクティビティーは、ボサノバ・ライブです。飛び込みで、ライブハウスに行って見ました。

●11/24(月)夜 コパカバーナにて
ボサノバ、ボサノバ。ボサノバを求めて「地球の歩き方」に載っていたライブハウスを探します。あれれ、この辺なんだけどなぁ~。しばらくさまよっていると、ビルの中からボサノバが... 吸い込まれるようにビルに入ると、店の人らしき人が、ドアを開けてくれます。OK、ライブハウスに到着です。

店はかなり混んでいます。おじさんも良い席を確保するために、マネージャーらしき人と交渉です。ステージ前の空いてる席を指して、「クダイ ハブ ザッツ シート?」。すると、マネージャー、「○※△□×...」。手を替え品を替え、色々言ってみますが、やっぱり、返事は、「□※△○※△□×...」。もう既に学習済みですが、全くコミュニケーション不可能です。仕方ないので、後ろの方の自由席っぽい所で我慢です。

○店の中
画像


席を確保して、しばらくするとライブが始まります。ボサノバを現代風にアレンジしたMPB(Musica Popular Brasileira)と言う音楽です。結構、グッドです。

○ライブ風景
画像


知っている曲も沢山出てきます。「イパネマの娘」、「おいし水」、「あひる」... おじさんも、若干ノリノリです。隣の英語を話すおば様とも仲良くなりました。色々教えてもらいます。バンドの名前が、BOSSA CUCA NOVAって言うことや、バンドに飛び入りしたギターが、ボサノバの大御所、ロベルト・メネスカルってことも... おじさんは、本当にラッキーです、本場ブラジルで、こんな豪華な演奏が聞けるなんて。

○一番右がメネスカル
画像


ブラジルにはボサノバがあって羨ましいです。ボサノバには、沢山のスタンダード曲があります。皆、それを大事にしながら、色々な人が歌います。オリジナルに忠実だったり、アレンジしたり。いつまでも色あせず、世代を超えて楽しめます。日本には無い文化です。本当に羨ましい。

ライブ終了後、BOSSA CUCA NOVAのCDを買って、サインを貰いました。日本から来たんだ、と言うと向こうも喜んでくれます。そして、一緒にパチリ。とっても楽しい時間を過ごしました。

○貰ったサイン
画像


○一緒に記念撮影(個人情報保護の為、顔はカエルです)
画像


ちなみに、店を出る時に、皆、黄色い券を渡しています。でも、おじさんは持っていません。どうやら、通用口から店に入ったみたいです。入る時にミュージック・チャージも取られなかったので、なんとなくそんな気がしてはいましたが... 係りの人も、言葉の通じないおじさんに、料金を請求するのを諦めたようです。そのまま通してくれました。結局、お店で飲んだビール代だけで、豪華な演奏を聴いてしまいました。ラッキー!!

お店は、「Modern Sound」です。「地球の歩き方」に載っていた店名と違いますが、多分、同じお店です。

○ライブハウス
画像


○ライブハウスの地図


では、また次回...

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック