ベトナミーズ・カット

こんにちは、ひげのおじさんです。 最近、髪の毛が伸びてきて、少しうっとうしい。と言う訳で、いつも行く床屋に行って来ました。

サンフランシスコまで行けば、日本人が経営している美容院(原宿のお洒落などうのこうのって言うところ)があって、細かな注文が日本語で出来るんだけど、面倒なので、そんな遠くまで行きません。多分、高いし... おじさんが、いつも行くのは、日系スーパーがあるモールのベトナム人経営の床屋です。(なんか、この辺はベトナム人経営の床屋が多いような...)

ここには、色々な髪型の写真が載ったボードがあって、指差しで注文できます。大体、髪型を言い表す英語なんて良く分からないし、店の人の英語もあやしい。でも、このボードのお陰で、注文が簡単です。

しかし、気を抜いているとテクノ・カット(これって死語? もみ上げを剃り落として耳の辺りからまっすぐにするカット)にされてしまいます。ベトナムでは、これが流行っているのでしょうか?? おじさんは、これをベトナミーズ・カットと呼んで恐れています。

なので、「ノット・ストレート、ノット・ストレート」って、何回も言います。お陰で今日も、もみ上げは無事でした。良かった、良かった。

○いつも行く床屋
画像


○床屋の地図


ちなみに、料金は週末価格で13ドル。チップを2ドルあげて、しめて15ドル。日本の床屋に比べて、全体的にざつだけど、まあ、言いかって感じです。

では...

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック