ノスタルジックなケーブルカー ~チリ旅行記(9)~

こんにちは、ひげのおじさんです。 この日は、1日かけてサンティアゴ近辺のもう一つの世界遺産、バルパライソに行って来ました。

●11/24(火) 午前
バルパライソは、サンティアゴから西に向かって約100Kmの港町。海を見下ろす丘に立ち並ぶカラフルな家々が町並み世界遺産になっています。おじさんのホテルからは、地下鉄と長距離バスを乗り継いで行きました。でも、やっぱり言葉が「※◎×△#○...」。ちょっと苦労したけど、無事行くことが出来ました。

○バルパライソのバスターミナル
画像


○国会議事堂、バスターミナルの真ん前
画像


この町は坂が多いので、アセンソール(Ascensor)と言うちっちゃなケーブルカーがあちこちに架かっています。これが、古いと言うか、大丈夫なのかと言う感じだけど、とっても味がある。そんなアセンソールを上手く使って丘歩きを楽しみました。

○丘に架かるアセンソール
画像


○アセンソールの入り口
画像


○一つが上がると、もう一つが下がる
画像


○アセンソールの上からの景色
画像


最初に上った丘は、青空美術館と呼ばれるエリア。あちこちにアートな壁画(落書き??)が描かれています。

○色々な絵があちこちに
画像


○アートなお土産屋さん
画像


でも、この辺り、犬の糞もあちこちに。 世界遺産なのに... 景色を見ながら、周りの治安にも気を配り、足元の糞にも注意する、結構大変...

○丘の下の大通りのスタンド、町の雰囲気を良く表している
画像


○ここにも犬が...チリは本当に犬だらけ
画像


○青空美術館に行くアセンソール入り口


まだまだバルパライソ観光は続きます。

では...

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック